FC2ブログ

2012.01/18(Wed)

あのころのわたし

 知人宅に双子の赤ちゃんが生まれたよ。
 でもって、双子の子育てってどうなの? というようなことを訊かれたよ。双子は大変ですよーって、病院のスタッフにさんざん脅されたんですって。
 何だそりゃあ?
 大変ですよーって言われたからって、子供の数に変わりはないんだから、そういうところでネガティヴな刷り込みをするのってどうなのよ?

 わたしは、『子育ては大変』っていう言い方もそもそも嫌いなんだけどね。
 子育ては大変です、なんてのは、仕事が大変とか生きていくのが大変とかいうのと大した違いはないと思うんだよね。方向性が違うだけでさ。
 思う通りにいかなくて、苦労して、でもその分喜びや楽しみがあるのが人生ってもんでしょう。
 なのに、そのうちのたったひとつの要素だけをことさら取りあげて『大変』のレッテルを貼るのはどうにも納得がいかないね。

 双子が生まれた当時の日記を読み返したりしてみたよー。どんなに大変だったかなぁって。
 そしたらさ、まあ、勿論睡眠不足だったりへろへろだったりはしてるんだけど、結構精力的にあれこれやってんのよ。仕事したり毎日おやつ作ったり(長女がいるからね)、子供服作ったり。
 何だよー、むしろ今よりも精力的だったんじゃないの!?(まあ当時は仕事は今よりもショボかったですけどもね)
 結局のところ、大変かどうかなんて『気の持ちよう』だし、自分のやりたいことを最初から諦めちゃう必要だってないんじゃないかなって思うんだよね。勿論、物理的に『子供同伴では無理』な『やりたいこと』もあるだろうけどさ、それが人生の娯楽のすべてではないんだし。
 できなくなったことを数えるよりも、できることを数えた方が、ぜーったいに精神衛生上いいと思うんだけどなぁ。
 あの頃を大変じゃなかったとは言わないけど、でも、大変と苦労と不幸を等号で結ぶのは間違いだし、むしろ大変と幸福と充実を等号で結んだっていいじゃん、なんて思ったりするんだけどね。
23:04  |  日々雑記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |