FC2ブログ

2012.02/11(Sat)

言葉の妙

 子供会主催のなわとび大会があって、双子は喜々として出かけていきました。
 ずーっと楽しみにしてた長女は、ぶつくさ言っておりました。ま、インフルエンザで出歩けないんだから、しょーがないよね。
 でもって、なわとび大会から帰ってきた双子は、楽しかったーって、参加賞のお菓子とかもろもろをひろげてはしゃいでる訳ですよ。
 子供部屋は隣り合ってるから、長女の部屋にもその様子は筒抜けなのですよ。
 当然、長女の不満は爆発なのでありますよ。

 双子が、もらってきたお菓子の中からトッポを選んで、
「おねえちゃん、かわいそうだからこれあげる」
 って持っていったんですけどね(自主的に)。
 長女に言わせると、
「かわいそうとか、ひどいこと言われてるー!」
 だそうですよ。むぅ。

 まあ、どっちの気持ちも判る。

 一番いいのは、
「おねえちゃん、お見舞いにこれあげる。早く元気になってね」
 なのだろうけどさ。
 でも、言ってること、つか、こもってる気持ちは同じなんだけどねー。

 6歳児にこのあたりの言い回しの妙を説くのは難しいので今はやりませんが、長女にはそのあたりは少しずつ話していこうかと思う。
 気持ちを『伝える側』の気遣いと、『受け取る側』の気遣い。
 どんな言葉も受けとめ方次第でプラスにもマイナスにもなるからね。
 わたしは『がんばれ』を禁句にはしたくないので、うまく受けとめることの大切さを育んでいきたいのであるよ。絶対にその方が、ストレスのない人生を送れるしね。
23:30  |  日々雑記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |