FC2ブログ

2012.08/23(Thu)

ちくぬい

 長女が夏休みの宿題をするにあたり、『自由研究の代わりに、家庭科の作品制作でもよい』ということだったので、まあいろいろ考えて、家庭科にするようにしたそうです。
 でも、家庭科の授業では、まだ大したことやってなくてね。なみぬいと返し縫いとボタン付けくらい? これじゃ、できることってほんと知れてるよね。
 ミシンでがーっとやっちゃうと楽よ、という話をしたんだけど、本人が、ミシンはまだ習ってないから、って言うんだよねぇ。学校でやった範囲のことを応用してやらなきゃならんと思ってるっぽい(でも実用品か被服か、みたいな感じでプリントには書いてあったんだよ。小学生の家庭科で被服はまだっしょ。てことは、別に習ってないことやったっていいんじゃんねぇ?)。
 巾着袋とかトートバッグとかだったら、まあ手縫いでもできるかな? と思いつつ、各種提案して。
 で、結局、長女がチョイスしたのはポケットティッシュケースでありましたよ。

 できあがりがそれなりのカタチだから、一見難しそうだけど、直線裁ちだし直線縫いだし。
 寸法と、最初の布をたたむとこさえ間違えなければ、大した作業のものではないのです。

 ……んだけど。

 いやもう、普段やってないってのはこういうことなのか、と、愕然とするほど作業が遅い〜〜〜。
 しかも直線縫いが曲がる! 縫い目が粗い!
 おかあさんこれでどうかなぁ? と訊かれるたびに、ダメ出しですよぅ。
 いや頑張ってるのは判るんだ。ダメ出しだって、しなくてすむならしたくないんだ。でもさぁ、せっかく頑張って作ったのにできあがりでほつれちゃったり、へなちょこ作品になっちゃったら哀しいじゃないか。頑張ったからこそ、きちんとしたカタチに仕上げないと、次からの意欲がなくなってしまうでしょ。

 何時間縫ってたかなぁ。
 おかしい。こんな時間のかかる作業じゃない筈なのに〜〜〜。
 何とか見られるカタチに仕上がったので、一安心ではあるけれど。


 双子は夏休みの工作で、貯金箱を作りましたよ。
 楽しく作れたみたいです。よかったよかった。
23:54  |  日々雑記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |